引越しのその日にすることは2つ

引越しのその日にすることは2つです。
まずは退去する部屋では荷物を運び出した後に管理会社の立会いのもとで部屋の状況を見定めることです。ここで大きな汚れや傷をチェックしますが、このチェックが敷金の相殺や別途クリ—ニング費用の徴収に関係します。新居ではガスの元栓を開けることが必要です。
これは業者の立ち合いが必ずいります。引越しを業者さんに頼む場合衣類掛けにかかっているコートなどの衣服を前もって外して畳んだりしておくことは要りません。業者がハンガーが下げられる大きめの段ボールを携えてきてくれて、それに入れた状態で、トラックで輸送してくれます。
シワも付着しないので、ありがたいです。引越しのときには、荷物をダンボールにまとめていく作業はわずらわしくても、欠かさずにやらないといけないことです。その際にやっておいたほうが後々良いというコツは、重いもの、壊れやすいものは小さなダンボールに、軽くてかさばるものは、大きなダンボールへ詰めるようにするというのがポイントです。また、ダンボールには詰めたものの名前だけでなく、引越し先の運ぶ部屋まで記しておくと引越しのときに大いに役立ってくれます。一般的に、引っ越しをする場合、nhkには住所変更の一報を出すことが義務です。
引っ越しのタイミングにnhkを解約できたらいいなと思っていても、nhkは解約にはそうそう応じてはくれませんが、テレビの所有権を放棄したり、他の人のものになったことを第三者的にみて証明できれば解約できることになります。引越しが終わってから、ガスを使用する手続きをやらなければいけません。
でも、ガスはお風呂を筆頭に料理のために早急に必要なので、成しうる限り引越し当日に済ませないと、新居でお風呂が使えなくなります。冬は家のお風呂に入れないときついので、間に合うようにやっておいたほうが心配ないかと思います。私はその昔分譲マンションで二人用のベッドを使用していました。
過去のいきさつで住居を手放し、広さが十分でない賃貸へ引越しすることになったのですが、ベッドが大きすぎて部屋に配置できないことがわかりました。本意ではありませんが知り合いに譲り、無事に棲家の移動を終えましたが、買い換えたベッドは次に引越した時に入らないと無駄になるので、シングルに決めました。引っ越しして一人暮らしを始める時には、単身パックを使う方がずっと得になるケースが多いです。もしも、サイズの大きい家具や電化製品を、新しく買うのであれば、引っ越し業者に依頼をせずとも、引っ越すことができる場合もあるかもしれません。また、一人暮らしの女の方だと、近所への挨拶回りは控えた方が安全だという場合もあります。引っ越しの時、コンロには注意を向けておく必要があります。
なぜかというと、それは、他の物と異なり、元栓を締めておかないと許されないからです。
かつ、ホースや器具にわずかにガスが残っていますので、タバコを吸わないのは当然の事、お部屋の窓等をおおきく開け、換気しておくことが好ましいです。
私が移ったアパートはペット禁止のアパートです。だけど、最近、隣から猫の鳴き声が耳に入るように変わりました。大家さんもそれを確認しており、幾度も苦言をていしたようですが、「飼育していない」の言葉だけだそうです。
姉が現在のアパートから実家である我が家にまた住むことになりました。作業のため、私と母が、荷物を移動させる前日に荷物を整理する手伝いに行きました。10年住んでいた部屋に見合うだけ、不用品の数が計り知れない事になっていました。不用品を売却していまうと、軽トラの荷台半分くらいに量が減り、あまり苦労せず引越が完了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です